応募方法

1. 絵地図を作る

自然を観察できるポイントとその周辺を描いて、絵地図をつくってください。場所、季節は自由です。
絵の具、色えんぴつ、クレヨンなど、画材も自由です。
用紙は、四つ切(380×540mm)程度の画用紙や模造紙としてください。

(1)道の長さは1~2㎞(観察しながら歩いて1~2時間)くらいとし、必ず「○○の観察路」などのタイトルをつけてください。
(2)道の途中に観察ポイントを設定して下さい。
  ※ 小学生は5カ所、中・高生と団体は10カ所以上。観察ポイントには番号も振って下さい。
(3)観察した生きものや地形の様子・特徴を描いてください。
(4)観察路のまわりがどんな場所なのかも描いてください。
(5)観察する道順を矢印などでわかりやすくしてください。
(6)用紙の裏面に、必要事項を記入した応募用紙をしっかり貼り付けてください。

詳しい作り方を見てみよう

 

2. 説明文を書く

見つけた生きものの様子や植物を観察して感じたこと・気づいたことなどを、観察ポイントごとにわかりやすく説明してください。用紙は市販の作文用紙やレポート用紙をお使いください。
(※)小学生は、自然観察で感じたワクワク・ドキドキの素直な気持ちを自分の言葉で作文してください。
(※)中学生・高校生は、自然の魅力・人と自然との関わり方などについて、より多様な視点で観察したことを説明してください。

(1)説明文の表紙に、必要事項を記入した応募用紙を貼り付けてください。
(2)観察路全体のこと、見つけた生きもの・植物を観察して感じたこと、気づいたことを400字以内で説明してください。
(3)観察ポイントの見どころや特徴を、1カ所につき200字以内で説明してください。
  (小学生は 5カ所、中・高校生・団体は 10カ所以上。)
   ただし、観察ポイントの中で1番伝えたい所(1か所だけ)は、400字以内でより詳しく説明してください。
   (例:定点観察をしてわかったこと、地元の方への聞き込みをしてわかったこと、観察してわかった環境保全上の問題点と解決方法のアイデア、など)
(4)団体部門での応募は、説明文の最後に、チーム名・メンバー全員の氏名・学年・役割分担を記入してください。
 

3. 応募用紙を書く

応募用紙2枚に必要事項を記入してください。(1枚に記入し、もう1枚はコピーでも可。)
1枚は絵地図の裏面に貼りつけてください。もう1枚は、解説文の表紙に貼りつけてください。
※ はがれないように、しっかりのり付けしてください。

第35回わたしの自然観察路コンクール応募用紙(PDFファイル 424KB)
 

副 賞

めざせ、環境大臣賞!

環境大臣賞、優秀賞、入選の授賞者には、表彰状に加えて、「富士フイルム賞」として富士フイルムホールディングス株式会社より富士フイルム社製商品、または「フォーラム賞」として日本環境教育フォーラムから自然観察に役立つグッズをプレゼントしています。
(商品は現在準備中です。)
 

募集要項

応募資格 全国の小・中・高校生(個人部門と団体部門があります。)
 ※ 団体部門: 2名以上のチームで、学年や学校区分等は不問。
   小・中・高をまたいでも構いません。

【応募作品について】
(1)作品は自作かつ未発表のものに限ります。
(2)作品の所有権・著作権は、主催者に帰属するものとします。また、その作品を主催、協賛、後援の各社のHPや印刷物等に掲載することがあります。
(3)作品は返却いたしません。

応募期間 2018年6月1日(金)~9月30日(日)(当日消印有効)
作品送り先・
お問い合せ先
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
(公社)日本環境教育フォーラム 自然観察路コンクール事務局
TEL:03-5834-2897  E-mail:kansatsuro@jeef.or.jp
入選者発表 2018年12月上旬に、ウェブサイトで公表の上、主催者側から学校に通知するほか、作品タイトル・氏名・学校名・学年を、新聞・雑誌・WEBサイトなどで発表する予定です。
 ※ これら情報の公表については、コンクールへの参加をもってその許諾をいただいたものとします。
個人部門(小学生・中学生・高校生部門)
 環境大臣賞 各部門1作品   「表彰状と富士フイルム賞」
 優 秀 賞 各部門2~3作品 「表彰状と富士フイルム賞」
 入   選 各部門8作品程度 「表彰状とフォーラム賞」

団体部門
 環境大臣賞 1作品   「表彰状と富士フイルム賞」
 優 秀 賞 1作品   「表彰状と富士フイルム賞」
 入   選 2作品程度 「表彰状とフォーラム賞」

※ 審査の結果によっては、該当作品なしの場合もあります。
※ 受賞者には、表彰状に加え、副賞として『富士フイルム賞』または『フォーラム賞』が授与されます。

審 査 有識者および主催者・後援・協賛団体などの関係者で構成する審査委員会(11月に開催)で審査します。
主 催 公益信託富士フイルム・グリーンファンド(受託者: 三井住友信託銀行)
公益社団法人日本環境教育フォーラム
後 援 環境省、朝日学生新聞社、朝日新聞社、公益財団法人森林文化協会
協 賛 富士フイルムホールディングス株式会社
備 考 絵地図づくりのための観察や絵地図を制作している様子のお写真をぜひお送りください。(WEBサイトや印刷物などで公開可能なもの)