自然観察路コンクールとは?

自然をみるチカラを養い、住んでる街のことも学べる!

全国の小・中・高校生を対象に、1984年から始まった『わたしの自然観察路コンクール』は、身近な自然の魅力を発見し、自然を観察できる道を自分でつくって絵地図と文章で表現していただいたものを「自然観察路」として審査・表彰するコンクールです。
自然をよく観察し、そのしくみや不思議さを知ることは、自然を理解し守っていくための第一歩です。学校教育や家庭教育を補完し、自然を愛し大切にする心を醸成する本コンクールは毎年6/1~9/30の4ヶ月間、作品を募集しています。
小・中・高校生のみなさん! 君たちが住む町・かかわりのある地域の身近な自然の魅力を、絵地図と文章で教えて下さい!!
もっと詳しく

子どもたちの心身の健康維持やストレス解消のために
 ※ 政府や自治体からの情報にご留意いただき、所謂「密閉・密集・密接」の3密空間での行動を避け、屋外でもしっかりと社会的距離を確保し、細心の注意を払ったうえで、身近な自然に目を向ける機会を子どもたちに与えてあげてください。

募集要項
応募用紙ダウンロード

小学生の部
私の三和町 お散歩マップ
大津市立長等小学校
小学校4年生 (滋賀県)
» 続きを読む
中学生の部
明石公園観察路
淳心学院中学校
中学校1年生 (兵庫県)
» 続きを読む
高校生の部
新緑の京都鴨川 出逢いと育みの路
同志社女子高等学校
高校3年生 (京都府)
» 続きを読む

受賞者コメント

いつも遊んでいる三和町をかいた作品で賞をいただいて、とてもうれしいです。
今三和町は冬です。野原は茶色く、バッタやカマキリの姿はありませんが、シジュウカラやオナガ、ヒヨドリなどの鳥がよくやって来ます。わたしの仲良しのアマガエルは、土の中で冬みんです。畑のお手伝いをしていると、ねぼけまなこのカエルが転がり出て来ることがあります。わたしは「春にあおうね。」と、そっともどしてやります。冬のお楽しみは、竹林からきりだした竹をまきストーブでもやして、ギンナンやおもち、さつまいもを焼いて食べることです。ヤブツバキの実や、ナンテンの赤い実、ジャノヒゲの青い実で、おままごとをするのも大好きです。雪がふると「かまくら」を作って、中でお茶をします。ナンテンの赤い目をした雪ウサギも作ります。そりで坂をすべるのは、こわいけどスリルがあります。
ここには楽しい自然がいっぱいです。みなさんもぜひ、身近な自然を楽しんでください。
※写真は、夏にカヌーで川下りをしているところです。

第36回 環境大臣賞(小学生) 清水 遥香

祖師谷公園にいる動植物。その多くは何の変哲もない動植物だったと思います。ですが、そんな普段気にも留めない動植物を見ていると興味深い生態や特徴に気付かされます。
早朝、昼、夕方など観察を続けていると万華鏡の様に、見せる顔を変える動植物は見ていて飽きません。
観察中にも突然のスコール!ケヤキが大きな傘の役目を果たしてくれました。雨が上がると葉から雫が落ちてキラキラと輝き、葉が元気になっていくのが分かりました。一方でじりじりと太陽が照りつける木陰の下は涼しく憩いの場を作ってくれます。
私は何度も公園に行きスケッチしたり、その時感じたことをメモしたり、写真を撮ったりしました。
「この花の名前って何ですか?」わからない花はサービスセンターの係の人に教えてもらったりもしました。花の写真を見せるだけで花の場所と名前を即答できるのは手入れを普段からしているからだなと思いました。
今、世界規模で進む地球温暖化も人間が自然に対する姿勢を変え、共存していかなければ解決しないと思いました。
私は広告の裏紙を計算用紙として使ったり、緑の募金をしたり、グリーンマークやエコマークのついている商品を買ったりしています。
今後も私に出来ることから続けていきたいと思います。

春の休校期間に毎日のように鴨川を散歩していて、 自然と動画や写真を撮ったり観察を日記のように綴っていました。観察し調べて考えたことを発表したくなり、このコンクールに応募しました。受賞のお知らせを頂いた時は本当に驚きました。
京都は寺院や食べ物など観光業が盛んでよく知られています。しかし、市街地の中に流れる鴨川にこんなに生き物や植物が生息していることはあまり知られてないと思います。私の説明文を読んで、京都に来た際は是非鴨川の川べりで座って、ゆっくりと川のせせらぎを聞きながら動植物を探してほしいと思います。
生き物たちの養育や求愛の行動は面白くずっと見ていても飽きませんでした。私はもともと生き物に興味があり、将来は動物に関わる仕事がしたいと思っています。人間のためだけではない、動物のための研究をこれからも続けていきたいです。

第37回環境大臣賞(高校生) 吉岡 万愛

主催者コメント

banner02

公益社団法人日本環境教育フォーラム

このウェブサイトは、1984年に始まった「わたしの自然観察路コンクール」の30周年を記念して、2014年に作成しました。