過去の受賞作品

高向自然観察路

入選
曽和 煌篤
大阪府
清風南海中学校
中学校2年生
第35回 中学生の部

全体説明

昆虫、特にチョウ、トンボ、ハチなどの飛ぶ虫を主に書いた。その理由は私はそれら、特にチョウが好きだからである。しかし、これを書く機会を通してそれら以外の昆虫や全く別のことについても知ることができた。
ここでは例を2つ挙げる。1つ目は地元の環境についてである。「この道を行けばどこに出るのか」などということや「どこがどういう環境なのか」ということなどを知ることができた。2つ目は環境により生き物の優劣が変わるということである。例えば暑い場所ではクマゼミ、アブラゼミが、涼しい場所ではミンミンゼミ、ツクツクボウシが優位種であるということに気づいた。そこから大型種の方が暑さに持ちこたえれるということが考えられた。こういったことに関しては環境問題が密接に関係しているので、社会を通じて注意すべきことであると思う。こういった形で昆虫に関してだけでなく、環境問題についても考えられた。これからも自然観察を続けたい。