自由研究で地図を作ろう!

1. どこのエリアを描くか決める

※「密閉・密集・密接」の3密空間を避けて、身近な自然に目を向けてみよう!
まずは、どこのエリアを作品にするか決めましょう。 大きく分けると2つのパターンがあります。

  1.  何度も通ったことのある、よく知っているエリア
  2.  あまり行ったことのない、よく知らないエリア

どこにしようかな「よく知っているエリア」は、地図が描きやすいでしょう。これまで気づかなかったたくさんの生きものを再発見する楽しさや、自分の知っている場所を生きものを通じて紹介する面白さもあり、もっとその場所のことが好きになるかもしれません。
「よく知らないエリア」は、自分でどんどん切り拓いていく楽しさがあるでしょう。空白の地図を埋めて、新しく見つけたたくさんの自然を紹介するワクワク感です。 知らなかった場所なのに、作品を作りながらまるで昔から知っている場所のように思えるかもしれません。
大事なのは、そのエリアで作品を作り上げることができそうか、好きな場所になりそうかどうかです。

2. 観察に必要な道具を準備する

作品にするエリアを決めたら、今度は出かけるための準備です。
絵地図や作文を書くためには、見つけた生きものや、その周りの様子などを記録に取ることが大事です。持ちやすいメモ帳と筆記用具は、必ず準備しましょう。また、その場でスケッチをすることが難しい状況もあるでしょう。そんなときのためにカメラもあるととても便利です。 もしかしたら、小さなものや、遠くのものを観察することもあるかもしれません。
そんな時のために、虫めがねやルーペ、双眼鏡などがあると便利でしょう。 あとで生きものや自然のことを書くときに、どこで観察したかが重要になります。
もし準備ができるなら、観察路にする場所の地図を持って行って、何かを見つけたら地図に簡単にメモをすると良いでしょう。 細かい観察の内容はメモ帳へ別に書いておいて、作品を作るときに両方を見ると、観察したときのワクワクやドキドキが良く思い出せるかもしれません。

さあ、道具をもって、外に行きましょう!

出かけるための準備  さあ外に行こう

3. 見つけた生きものを観察して、写真やスケッチに収める

見つけるぞという気持ちで歩いていると、きっと考えていたよりもたくさんの生きものに出会えるでしょう。基本はスケッチをしながら、その生きもの特徴や様子を観察してください。動きが速かったり、遠すぎたり、小さすぎたりする場合には、写真に収めてから、あとで見直すと良いでしょう。
見つけた生きものにはいきなり触らずに、まずは「じっとみる・そっとみる」ようにして、生きもの本来の様子を観察しましょう。 1回だけでなく、何回か通うと以前と違うことが起きているかもしれません。そういった違いは、自然の中でとても大事なことです。ぜひ作文に書いてください。

写真やスケッチにおさめよう

4. 家で実際に絵地図にして、説明文を書く

絵地図・作文をかこう

たくさんの記録を取って帰ったら、早速作品づくりです。
絵地図と説明文、得意な方からどんどん始めてください。
絵地図の画材は、何でも構いません。色えんぴつ、絵の具、クレヨン、色ペン…複数の画材を組み合わせても良いですよ。
説明文には、実際に観察した内容や、そこから考えたこと、感じたことをメインに書いてください。観察しながらでた疑問を、図鑑で調べたり、人に聞いたりして解決することもとても大事です。
ただし、図鑑の丸写しにならないよう ご注意を!

5. 完成

こうして素晴らしい観察路がまた一つ、世に生まれました。
あなたの作品は、どんなところにこだわりましたか?

入選すると、絵地図と説明文が掲載されます! 〔受賞作品の一覧

受賞者のコメントも、ぜひ参考にしてみてください!

受賞者のコメント

(桑田菜摘さん〔高1〕 ※2020年1月にいただいたコメントです。)

私は、3年前(中1)の夏休みから身の周りの生物を気にかけて写真に撮るようになりました。しかし、名前がわからない植物や動物が多かったので、植物の場合は、「山野草ポケット図鑑」が役立ちました。動物に関しては、ネットで検索しても見つからない時もあり、苦労しました。昆虫類は、名前が判明するのに一番苦労しました。例えば、アオバハゴロモの幼虫はチョウの幼虫であることが判明するまでに2年もかかりました。でも、今では、鵜が南から北へ空を飛んでいるのを、シルエットから確認できるようになりました。今年最初の写真はイタチでした。イタチは目撃することは多いのですが、写真に撮ってはっきりと確認することができました。
コンクールに応募するにあたり、まず考えたのは構図です。最初に、上下左右を額縁に見立てて、植物の葉の構造、形、花の構造を図鑑のように書き出すことを思いつきましたが、そうすると動物の円が小さくなってしまい、何度も描き直しました。完成した絵は、上から下に行くにつれて、冬から春、夏、秋となるようにして、思いのままに生物の絵を散りばめました。また、美しい自然の生物を選ぶために、私は、撮り続けた写真の中から個人的に美しいと思ったものを選びました。また、その中でも、名前がわかっているものであることも考慮しました。
私はこの2年間、観察路に何度も足を運びました。春夏秋冬すべての季節を2年間見てきたことで、去年咲いていた花が今年もきれいに咲いていると思ったり、春の後半には幼虫だった生物が秋になれば成虫になっているだろうなと考えたりもしました。これからも、私の周りの自然を観察していきたいと思います。