過去の受賞作品

ぼくの街の宝物 井の頭公園101才!!

入選
不川 雄惺
東京都
東京学芸大学附属小金井小学校
小学校5年生
第35回 小学生の部

全体説明

井の頭公園は、去年100才になりました。小さいころから遊んでいた公園のことを、いろいろ調べてみたくなりました。
今年はものすごい暑さだったので、朝早くとか夕方に何日も通いました。池は1周約1時間半、約4000歩でした。歩いてみると、今まで気づかなかったいろいろな植物がありました。それから、水をきれいにするための、かいぼりなどの活動や、木の調査をしている人にも出会いました。
井の頭公園では、大昔から水がきれいで、人が集まる場所だったこと、街の中に残ったき重な自然を守るために、昔から協力している人がたくさんいることがわかりました。その活動は今も続いていて、いろいろ研究もしています。例えば、水に酸素を送るためにある朝顔型のふん水は、底の土をまきこんで水がにごることがわかり、今年は止めているとのことでした。ぼくもこれからは、公園を守るために何ができるか、考えていきたいです。