自然観察路コンクール

身近な自然身近な自然の理解の理解や愛着全国の小・中・高校生を対象に、1984年から始まった『わたしの自然観察路コンクール』は、身近な自然の魅力を発見し、「自然観察路」を自分でつくって絵地図と文章で表現するコンクールです。
自然観察ではたくさんの “不思議” が見つかります。それを調べたり、周りの人と相談したりするうちに、ワクワク・ドキドキする気持ちがどんどん生まれてくるでしょう。その気持ちをギュッと絵地図と文章に詰め込んで、コンクールを通じて多くの人に紹介してください!

■コンクールの目的
自然をよく観察し、そのしくみや不思議さを知ることは、自然を理解し守っていくための第一歩です。
わたしたちは、日頃見過ごされている身近な自然を通じて、“なぜだろう” “ふしぎだな” という気付きから、“大好き” “大切だ” という思いを、子どもたちに育んでほしいと考えています。
「わたしの自然観察路コンクール」では、子どもたちの視点で自然のおもしろさを発見し、自然を観察できる道を自分でつくり、絵地図と文章で表現し発信することで、身近な自然への理解や愛着を深めてもらうことを目指しています。

自然観察路とは
身近な動物や植物などとふれあい、自然を観察することを通じて自然のしくみを理解し、自然の大切さに気づき、学ぶことが歩きながらできる道のことです。
1950年代にアメリカで「ネイチャートレイル」として生まれ、日本では1960年代から国立公園、国定公園などで歩道の整備や看板が設置されてきました。
このコンクールでは、みなさんが住む町・かかわりのある地域の身近な自然の魅力をポイントにまとめ、観察ルートを設定して、絵地図と文章で表現したものを「自然観察路」として審査・表彰しています。

コンクールの歩み

1983 富士写真フイルム㈱が「公益信託富士フイルム・グリーンファンド」を設立
※民間企業による、自然保護をテーマとした公益信託としては日本初
1984 第1回「自然は友だち わたしの自然観察路コンクール」を開催
1987 自然観察路コンクールへの応募数が累計1,000件以上に
1991 自然観察路コンクールへの応募数が累計3,000件以上に
1993 環境基本法公布
生物の多様性に関する条約(生物多様性条約)発行
1994 自然観察路コンクールへの応募数が累計5,000件以上に
2001 環境庁が改組され、環境省設置
2005 愛知万博開催
自然観察路コンクールへの応募数が累計10,000件以上に
2010 愛知県で「COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)」開催
2012 国立公園協会(初代事務局)が、「わたしの自然観察路コンクール」運営事務局を日本自然保護協会に引き継ぐ
2013 「わたしの自然観察路コンクール」が30年を迎える
自然観察路コンクールへの応募数が累計14,000件、応募校数はのべ1600校を超える
2018 日本自然保護協会(2代目事務局)が、「わたしの自然観察路コンクール」運営事務局を日本環境教育フォーラムに引き継ぐ